学生時代にできることを

大人になってからはできないこと…社会人となってしまってからは、学生のようには出来ないことがたくさんあります。学生時代にだからこそ挑戦できること、学べること、体験できること、というものがたくさんあります。もちろん、そのためには、ある程度の費用が必要になるかもしれません。その多くを親に頼っているかもしれませんが、やはり自分で使うお金は自分で働いて得たい、と思う方も多いでしょう。

そういったお金の問題について考える時には、やはり今回の学生ローンのような手段に関しても、考えることとなります。どうすればより良い計画的な利用ができるか、という点に関して、家族で相談してみると良いかもしれません。それらの出費からえられるメリットについても、よく考えることが出来ます。

学生の時に行う出費は、大人になってから行う出費でえられる物とはまた異なった物をえることができます。それは、有形のものだけではなく、経験や知識、技能と言った無形のものでもあります。そういったものを積極的に取り入れていこうとするときに、それは私達にとって、必ずプラスとなります。それを社会に出てから生かせるように、お金のことも含め、いろいろな可能性を追求してみましょう。


ローンを組むときの注意

いわゆる『借金』を作るときは、慎重になるのと同じように、私達誰もがローンを組むときは、慎重になる必要があります。お金を借りるのは良いのですが、それは少しずつでも返済していく必要がありますから、その返済に無理が生じるほどのものであれば、そもそもローンをくまない方が良い、と言えます。ですから、借りる前には必ず、正しい返済計画を立てることが求められます。

学生ローンに関しても同様で、加入字には親と相談することができるでしょう。ローンは、もし返済が滞ってしまったら、それが直接的に自分の『信用情報』に響きます。信用情報という物は特定の機関が保有しているものであり取引上の様々な事柄が記録されていきます。何かのローンで返済が滞った場合にも、その信用情報に傷が付くこととなり、他のローンがくみにくくなったり、クレジットカードの作成時の審査が通りにくくなったりします。割賦契約の審査に通らないこともあります。

そういった事態に陥ってしまうと、失った信用情報を取り戻すには一定の期間が掛かりますから、そもそも信用情報に傷を付けないように、返済が滞らないように、借りる前に必ず正しい返済計画をつくりそれに従って返済していくことが求められます。


ローンの仕組みと学生ローン

さて、それは大人になってから扱うことは多いでしょうが、まだ学生の時代には扱うことが少ないでしょう。それは『ローン』というものです。特定の買い物をしようとするときに、金融機関等からお金を借りて購入し、それを分割で少しずつ返済していくという方法です。

ローンにも様々な種類がありますが、今回該当するのは、学生でも加入することができる「学生ローン」です。一般的に、ローンは安定した仕事に就いており、安定した収入がある人でないと、申し込むことができません。

では、なぜ学生であってもローンに加入することが出来るのでしょうか。運転免許取得時に特に考えることが多いですが、学資自身がローンに加入するとしても、それの保証人となる『親族』がいれば、加入することができる場合が多いのです。本人に収入が無くても、親に安定的な収入がある場合、親を保証人として立てて、ローンを組むことが出来るのです。また、保証人を立てなくても加入できる場合もあります。アルバイトなどで毎月の給料が比較的安定している人などは、給料明細等の提出を求められる可能性がありますが、保証人なしでローンを組める場合があります。

運転免許取得には多くの場合20万円前後の費用が掛かることとなります。それを一括で支払うというのは難しい場合が多いですので、そこで学生ローンを使用出来ることがあります。もちろん、計画的に返済を行うことが大前提です。

関連資料:学生ローンのイー・キャンパス


運転免許に、学生ローン

大人になれば簡単にできると思えるようなことであっても、まだ学生のうちは難しいと思えることがたくさんあります。特に顕著なのは、お金の関係です。学生時代にはバイトが出来るとは言え、どちらにしても勉学との両立となりますから、お金を稼ぐために時間を使う、ということが出来ません。逆に言えば、その時代にしか、集中して勉学に励むことができない、とも言えます。

学生時代にはいろいろなことに挑戦して、いろいろな資格を取得しておきたい、と思うかもしれません。それは就職や進学に良い影響を与えるのはもちろん、一度取得した資格、そしてそれらに関する知識や技能などは、今後も衰えない能力として、自分に残る物となるからです。学生時代には、そのような『挑戦』と、『出費』という難しい問題が両立することがあります。もちろん多くの方が両親に頼っていると思われますが、それでも金銭的に難しいことはたくさんあります。

学生時代に取得しておきたい資格の一つとして多くの人が挙げるのが、やはり『運転免許』です。運転免許を学生時代に取得しておくと、就職したときに、特に有利に働く、といえます。また、就職してから免許を取得する、というのも時間的になかなか難しいことですから、学生時代に運転免許を取得しようと考えておられる方が少なくないでしょう。そこでやはり発生するのが高額な運転免許取得費用のことですが、その費用は、『学生ローン』を利用することによって、賄えるかもしれません。