ローンの仕組みと学生ローン

さて、それは大人になってから扱うことは多いでしょうが、まだ学生の時代には扱うことが少ないでしょう。それは『ローン』というものです。特定の買い物をしようとするときに、金融機関等からお金を借りて購入し、それを分割で少しずつ返済していくという方法です。

ローンにも様々な種類がありますが、今回該当するのは、学生でも加入することができる「学生ローン」です。一般的に、ローンは安定した仕事に就いており、安定した収入がある人でないと、申し込むことができません。

では、なぜ学生であってもローンに加入することが出来るのでしょうか。運転免許取得時に特に考えることが多いですが、学資自身がローンに加入するとしても、それの保証人となる『親族』がいれば、加入することができる場合が多いのです。本人に収入が無くても、親に安定的な収入がある場合、親を保証人として立てて、ローンを組むことが出来るのです。また、保証人を立てなくても加入できる場合もあります。アルバイトなどで毎月の給料が比較的安定している人などは、給料明細等の提出を求められる可能性がありますが、保証人なしでローンを組める場合があります。

運転免許取得には多くの場合20万円前後の費用が掛かることとなります。それを一括で支払うというのは難しい場合が多いですので、そこで学生ローンを使用出来ることがあります。もちろん、計画的に返済を行うことが大前提です。

関連資料:学生ローンのイー・キャンパス


Comments are closed here.